国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館 平和情報ネットワーク GLOBAL NETWORK JapaneaseEnglish
HOME 体験記 証言映像 朗読音声 放射線Q&A

HOME体験記をさがす(検索画面へ)体験記を選ぶ(検索結果一覧へ)/体験記を読む

体験記を読む
被爆体験について 
井手 ヒサ子(いで ひさこ) 
性別 女性  被爆時年齢 20歳 
被爆地(被爆区分) 長崎(直接被爆)  執筆年 1995年 
被爆場所  
被爆時職業 その他 
被爆時所属  
所蔵館 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 
母親が昭和二〇年四月に亡くなり、親代りで私より下の弟妹の面倒を見てる時代にあの原爆にやられ家は崩壊。長崎市西山町全体が一瞬にして、瓦礫の山と化したのです。家の中に居た弟、姉はガラスの破片で片身頭から足まで、破片がつきささり血だらけで、お化の様で泣きじくり、二〇才の私もどうし良いのか、本当に全身震えて、気が転倒、必死で看護に励みました。

防空壕の生活も水もれに悩まされそれでも、生きてて良かった感激でした。

爆心地まで出かけ、貸家住人(女性)の方を救護に行き、綺麗な奥さんが、爆風のため、鉄のさびが顔面肌につきささり、真黒な顔で、とても別人かと疑いました。私は母が居ない理由で徴用にかかりませんでしたが、私の女学校の学友は随分多くの生命を亡くしたのです。

あのおそろしい殺人機、原爆二度となき様、平和を祈りたいと思います。
  

HOME体験記をさがす(検索画面へ)体験記を選ぶ(検索結果一覧へ)/体験記を読む

※広島・長崎の祈念館では、ホームページ掲載分を含め多くの被爆体験記をご覧になれます。
※これらのコンテンツは定期的に更新いたします。
▲ページ先頭へ
HOMEに戻る
Copyright(c)国立広島原爆死没者追悼平和祈念館
Copyright(c)国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館
当ホームページに掲載されている写真や文章等の無断転載・無断転用は禁止します。
初めての方へ個人情報保護方針